越谷市の賃貸・売買・不動産のことならピタットハウス越谷店へ《賃貸・売買・不動産・仲介・管理・競売・任意売却》

新着情報

既存住宅アドバイザー

こんばんは 山根です

 

先日浦和にある埼玉県宅建会館にて「既存住宅アドバイザー」の講習を受講してきました!

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0201610031%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0201610032

埼玉県の不動産流通業を主にしている業者の方がたくさん来ていました。

 

今回の講習は、主に中古物件におけるインスペクションの重要性についての講習だったのですが、みなさんはインスペクションってご存知ですか??

 

インスペクションとは「診断」「調査」「検査」という意味がありますが、特に不動産分野におけるインスペクションとは「住宅診断」にあたります。

 

そういう意味では住宅ローン減税にも関わってくる「耐震診断」も含め、診断内容は多岐に渡りますが、一般的なホームインスペクションとは、「外壁や基礎に不具合の兆候は見られないか、室内に雨漏りの形跡はないか等を目視で確認し、建物の状況を依頼者に伝える」という一次診断にあたります。この一次診断の結果によっては、二次診断にあたる「精密検査」が必要になります。

 

その一次診断を受けることで、売主さまはきちんと診断を行った物件としてアピールできますし、買主さまは物件の状態がわかり対策も含め検討することで安心して中古物件を購入して頂ける、とのことで、近年ホームインスペクションを実施する方が増えているそうです。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0201610033

講習を受けた後にはこんな証明書を頂きました(*^_^*)

 

物件を売却される方も購入される方にもより良いアドバイスができるように、もっと知識を増やしていきたいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加